レスポンス

Product Advertising API は、リクエストに対し、呼び出しの結果が含まれるXMLドキュメントをXMLデータ構造の形で返します。このデータはWSDLとスキーマに準拠します。

RESTリクエストでは、このデータ構造は単にHTTPレスポンスのボディです。RESTレスポンスに対してデータバインド方法を使用するか、直接XMLパーサーを使用して情報を処理します。

SOAPリクエストの場合、データ構造はレスポンスのSOAPメッセージボディです。通常、SOAPツールキットはレスポンスデータを各プログラミング言語で使用するための構造に変換します。また、独自のデータバインドを指定することもできます。

SOAPレスポンスでメッセージエンベロープを使用していることを除き、RESTとSOAPのレスポンスは同じです。どちらもProduct Advertising API のスキーマに準拠しています。SOAP WSDLは、レスポンスメッセージを定義するXSDファイルをインポートします。RESTユーザーは、直接XSDファイルにアクセスできます。詳細については、WSDL の場所をご参照ください。

Item Attributes セグメント

リクエストが有効な場合、通常、レスポンスの最後のセグメントにある商品情報が最も重要となります。このセグメントには、リクエストの要求に答えた、商品の詳細情報が含まれています。先の例では、検索条件に合った1つの商品が見つかっています。"Saving Miss Oliver's: A Novel of Leadership, Loyalty and Change." という商品名を含む、多くの商品情報が返されています。

レスポンスにおいて返される商品情報の種類・項目は、使用されたレスポンスグループや、商品のタイプにより異なります。マーチャントは、常に同じ内容の商品情報を Amazon に提供するとは限りません。例えば、あるマーチャントは、本の出版社名情報を提供しますが、別のマーチャントは提供しないこともあります。これらの両方を含んだレスポンスでは、別の種類・項目の商品情報を返すことがあります。値が設定されていない商品情報については、返されません。API リファレンスガイドでは、各レスポンスグループにおいて返される商品情報について説明しています。