XML とは

XML (Extensible Markup Language)は、World Wide Web Consortium (W3C) によって規定されている規格です。XML は、タグ(<para> のように山括弧で囲まれた識別子)を使用して、テキストドキュメント内のコンテンツのラベル付けを行います。これらのタグは、総称して「マークアップ」と呼ばれ、人間やコンピュータが読むことができます。XML タグは SGML タグと同様に、コンテンツの意味だけでなくその構造もエンコードします。

XML は HTML に似ていますが、HTML はコンテンツの表示に主眼を置いているのに対し、XML は表示とは無関係です。次のXMLタグは、それが囲んでいる内容をパラグラフとしてラベル付けします。

<para>This is a paragraph.</para>

<para> タグは、センテンスの表示とは無関係です。例えば、このタグにはフォント、サイズ、スタイルなどの属性がありません。

HTML と異なり、全ての XML ドキュメントで使われる単一のタグセットはありません。XML では、ビジネスに適した独自のタグセットを設計者が作成できます。例えば、Product Advertising API では、WSDL と呼ばれる XML ドキュメントを使用して API をエンコードします。ほかの会社は、自身の API を定義するための独自の XML タグを作成します。これら2つの WSDL で記述されたタグは、完全に異なる場合がほとんどです。しかし、WSDL で XML 要素を定義している構文と規則は同じです。Web サーバは、複数の WSDL を実装する複数のリクエストを処理するため、各リクエストで使用している WSDL を指定する必要があります。