Web サービスとは

本書では、コンピュータ(クライアント)を使用してほかのコンピュータ(サーバ)に何らかの作業を依頼し、インターネットを介して応答を得るという概念について読者が理解していることを前提としています。サーバでの作業はサービスと呼ばれます。サービスには、例えば天気予報を返すものがあります。Product Advertising API の場合は、Amazon で販売している商品に関する情報を返します。これらのインターネット上でのリクエストとレスポンスのやり取りの一部は、Web サーバによって提供されるWeb サービスと見なされます。

Web サービスは、REST、またはWSDL(Web Service Definition Language)(ウィズダル=wiz-dal)で記述された標準化XMLメッセージングシステムを使用して、アプリケーションまたはシステム間でデータを交換するソフトウェアです。Web サービスには、興味を持った利用者が、SOAP over HTTP などの標準的ネットワークプロトコルを使用して、サービスとその公開インターフェイスを見つけられるような単純なメカニズムが備わっている必要があります。WSDL は、コンピュータが使用する言語の定義として機能するため、さまざまなプログラミング言語で記述されて、さまざまなプラットフォームで動作するソフトウェアアプリケーションが Web サービスを透過的に使用して、インターネットなどのコンピュータネットワーク上でデータを交換できます。

Product Advertising API には次のような特長があります。

Product Advertising API のリクエストの簡単な例として、オペレーション ItemSearch を使用した例を示します。このリクエストは Amazon の Web サーバに対して、データベース内の商品の説明を検索するよう依頼するものです。Web サーバはそのサービスを実行するため、商品の説明を検索してリクエストの送信元に返します。

Product Advertising API の全てのリクエストは REST または SOAP、全てのレスポンスは XML を基にしています。

[注]注意

RESTの詳細については、REST リクエストの構造をご参照ください。