CartCreate リクエストでの商品の指定

1回の CartCreate リクエストで、異なる商品を10個までカートに追加できます。各商品の追加可能な数量は1~50です。つまり、1つの CartCreate リクエストで、最大500個の商品(10種類の商品×数量50)を追加できます。

商品は次のようにパラメータのペアで指定します。

Item.N.ItemIdType=[Item identifier]
Item.N.Quantity=[Number of Item.N items]

N は正の整数です。値 N は、カートに追加する商品の数量に ItemId を関連付けます。次に例を示します。

Item.1.OfferListingId=[An OfferListingId]&
Item.1.Quantity=3&
Item.2.OfferListingId=[An OfferListingId]&
Item.2.Quantity=5&

このリクエストは、番号1の商品を3個、番号2の商品を5個リモートショッピングカートに追加します。次のように順序を変えても結果は同じになります。

Item.1.OfferListingId=[An OfferListingId]&
Item.2.OfferListingId=[An OfferListingId]&
Item.1.Quantity=3&
Item.2.Quantity=5&

N の値は昇順または降順にする必要はなく、N の値が連続している必要もありません。例えば、N の値として1、4、7を使用できます。また、N の値は複数のリクエスト間で保持されません。そのため、 CartCreate リクエストで Item.1 を使用し、その後 CartAdd リクエストでも Item.1 を使用して商品をカートに追加できます。これらのリクエストでは、Item.1 は2つの全く異なる商品を指しています。

1つのリクエストで複数の商品をカートに追加することで、パフォーマンスが向上します。1つのリクエストで10個の商品を追加するほうが、10個の個別のリクエストで10個の商品を追加するよりも短い時間で済みます。

OfferListingId の使い方

カートに追加する商品は、次の方法で指定できます。

ID説明
ASINAmazon によって出品される商品を一意に識別する英数字の文字列。ASIN は Amazon によって割り当てられます。カートに追加する商品を識別するには、OfferListingId を使用することをおすすめします。
OfferListingId出品者またはマーチャントによって出品される商品を一意に識別する英数字の文字列。OfferListingIds は Amazon によって各商品に割り当てられます。OfferListingId を検索するには、オペレーション ItemLookup および ItemSearch で、レスポンスグループ Offers および OfferFull を指定します。カートに追加する商品を識別するには、OfferListingId を使用することをおすすめします。
ListItemIdListItems レスポンスグループによって返される英数字の文字列。リスト内の商品を一意に識別します。

CartCreate の例では、OfferListingId を使用してカートに追加する商品を識別しています。OfferListingId は、レスポンスグループ Offers および OfferFull によって返されます。商品の ASIN を使用することもできます。ASIN は、Amazon によって提供される全ての商品に割り当てられます。OfferListingId は、出品されている全ての商品に割り当てられます。

OfferListingId を CartCreate リクエストで使用するメリットは、親バリエーション商品など、購入できない商品に OfferListingId がないことです。OfferListingId を使用することで、商品の購入が保証されます。