異なるパラメータ

バッチリクエスト内のリクエストごとに異なるパラメータは、参照番号で識別されます。次のパラメータ宣言構文は、参照番号の場所を示しています。

OperationName.ReferenceNumber.Parameter=Value

次のリクエスト例は、参照番号が1の例を示しています。

ItemLookup.1.ItemId=0976925524

ReferenceNumber は、リクエスト内のパラメータを関連付ける正の整数です。例えば、同じ参照番号が使われている次の2つのパラメータは、同じリクエストの一部です。

ItemLookup.1.ItemId=0976925524&
ItemLookup.1.ResponseGroup=Images

これらのパラメータは、同じバッチリクエストに含まれている2つ目のリクエストと異なる場合があります。

ItemLookup.2.ItemId=0485935524&
ItemLookup.2.ResponseGroup=Collections

そのため、上の2つのリクエスト例が1つのバッチリクエストに含まれている場合、 ItemLookup オペレーションは、異なる値のItemId および ResponseGroup を使用して2回実行されます。

バッチリクエストでは、参照番号を2つまで使用できます。例えば、次のリクエスト例は、1つのバッチリクエストで使用できる参照番号の数を超えています。

ItemLookup.1.ItemId=0976925524&
ItemLookup.2.ItemId=0485935524&
ItemLookup.3.ItemId=0792335535&