SimilarityLookup を使用する

商品IDを SimilarityLookup オペレーションに指定すると、レスポンスに類似商品が含まれます。これまでのセクションで、 Similarities レスポンスグループを使用して類似商品を返すことができることを説明しました。それでは、なぜ SimilarityLookupを使用するのでしょうか? このオペレーションには次の利点があるからです。

次のリクエストは、指定されたASINの類似商品を返します。

http://ecs.amazonaws.com/onca/xml?
Service=AWSECommerceService&
AWSAccessKeyId=[AWS アクセスキー ID]&
Operation=SimilarityLookup&
ItemId=[ASIN]

次に示すのは、レスポンスの一部です。

<Item>
  <ASIN>B0009VX8VI</ASIN>
  <DetailPageURL>http://www.amazon.com/exec/obidos/redirect?tag=ws%26link_code=xm2%26camp=2025%26creative=165953%26path=http://www.amazon.com/gp/redirect.html%253fASIN=B0009VX8VI%2526tag=ws%2526lcode=xm2%2526cID=2025%2526ccmID=165953
%2526location=/o/ASIN/B0009VX8VI%25253FAWSAccessKeyId=[AWS アクセスキー ID]</DetailPageURL> 
  <ItemAttributes>
    <ProductGroup>Apparel</ProductGroup> 
    <Title>Mark VII Men's Short Sleeve Knit Golf Shirt</Title> 
  </ItemAttributes>
</Item>

このレスポンスは、1つの商品 "Mark VII Men's Short Sleeve Knit Golf Shirt" が、リクエストで指定したASINの類似商品として見つかったことを示しています。