XML の使い方

では、XML レスポンスを使って何をするのでしょうか。Product Advertising API は、各種リクエストに対し、きちんと定義されたタグセットを返します。つまり、解析メカニズムを使用して XML レスポンスからデータを取り出し、それを使って2度目のレスポンスを送信したり、Web ページに表示したりできるわけです。例えば上の例で、XML ドキュメントを解析して FormattedPrice を探し、販売商品を表示する Web ページに 29.98ドルと表示できます。

XML は、リクエストとレスポンスを作成するためだけでなく、XML タグを定義する WSDL の作成にも使われています。