WSDL とは

トピック

このセクションでは、Product Advertising API の WSDL を読んで使用するのに十分な情報を提供することに主眼を置いています。通常、WSDL を読むのは、値の型、オペレーション定義、リクエストとレスポンスの形式を理解するためです。

WSDL (Web Service Description Language) は、Web サービスのやり取りで使われるオペレーション、パラメータ、リクエスト、レスポンスを定義した XML ドキュメントです。WSDL は、Web サービスのクライアントとサーバによって使われる言語と文法を定義した契約書と考えることができます。 例えば、Product Advertising API の WSDL を見ると、Product Advertising API の全てのオペレーション名、パラメータ、リクエストとレスポンスの構造が定義されています。

単一のWSDLはありません。例えば、Product Advertising API には、異なる多数のバージョン(最新バージョンと全ての旧バージョン)の WSDL があります。1つの企業が異なるバージョンの WSDL を使用する可能性があるだけでなく、どの企業も独自の API またはビジネスメトリックに基づいた独自の WSDL を使用する可能性があります。そのため、Web サーバがリクエストを解釈できるように、Web サービスリクエストは使用する WSDL を明確にする必要があります。

実際、Product Advertising API の開発者は、1つのセッションの全てのリクエストで同一バージョンのProduct Advertising API WSDL を使用します。 開発者は、徐々に最新の Product Advertising API WSDL にリクエストを送信するようになるでしょう。Product Advertising API の WSDL は、定期的にアップグレードされます。