バージョン情報セグメント

全てのレスポンスの先頭2行にはバージョン情報が含まれています。1行目には使われているXMLバージョンが記されています(この例では1.0)。この行には、文字エンコーディングも含まれています(この例ではUTF-8)。

全てのレスポンスの2行目には、リクエスト内のオペレーションに対応するレスポンス名が含まれています。この例で、 ItemLookup オペレーションは ItemLookupResponse という名前のレスポンス要素を返します。

2行目には、レスポンスを作成するために使われたProduct Advertising API のバージョンも含まれています。この例では、バージョン番号は2006-09-13です。バージョンがリクエストで指定されていない場合、Product Advertising API はデフォルトのバージョン2005-10-05を使用します。Product Advertising API の最新の機能を利用したい場合は、最新のバージョン番号を指定してください。