購入する商品の検索

トピック

前の章では、出品されている商品のグループ化およびカタログ掲載の方法について説明しました。以降のセクションでは、Product Advertising API のオペレーションを使用してそれらの商品を検索する方法について説明します。

自動車と自動車部品の検索

自動車、自動車部品、特定の部品が使用できる自動車を検索するには、自動車関連のオペレーションである、 VehiclePartLookup, VehiclePartSearch, および VehicleSearchを使用します。

特定の自動車を検索するには、年式、メーカー、モデル、装備の4つの値を使用します。例えば、2008 GMC Yukon Denaliを使用します。Makeは、フォード、ゼネラルモーターズ、シボレーなどの自動車メーカーです。Modelは、Mustang、Hummer、Neonのように自動車の名前を表します。Trimは、自動車に含まれているアクセサリのパッケージを表します。例えば、一部のメーカーは、GL、DL などの装備品名を使ってアクセサリパッケージを表しています。アクセサリパッケージには、パワーシート、サンルーフ、上級サウンドシステムなどがあります。個々のアクセサリは、Product Advertising API. では、VehicleOptionsとも呼んでいます。

自動車の検索

VehicleSearch オペレーションは、年式、メーカー、モデル、装備のうち1つまたは複数のパラメータに基づいて自動車を返します。例えば年式だけを指定すると、 VehicleSearch はその年に製造された全ての自動車を返します。年式とメーカーを指定すると、その年にその自動車メーカーが製造した全ての自動車が返されます。さらに多くのパラメータを指定すると、検索結果を絞り込むことができます。

年式、メーカー、モデル、装備を指定すると、 VehicleSearch はその自動車で利用できる全ての VehicleOptions も返します。これらのオプションには識別子があり、ほかの自動車関連のオペレーションで使用することで結果をさらに絞り込むことができます。

自動車の部品

自動車の年式、メーカー、モデルがわかったら、 VehiclePartSearch を使用して指定した自動車で使われている部品を検索したり、 VehiclePartLookup を使用して指定した部品が自動車で使用できるかどうかを検索したりできます。

VehiclePartSearch には、自動車の年式、メーカー、モデルが必要です。earch</function>には、自動車の年式、メーカー、モデルが必要です。次に、見つかった部品を、BrowseNode、装備、自動車のオプション、ブランドで絞り込むことができます。

フィルタリングで結果を絞り込む

年式、メーカー、モデルは、興味のある自動車部品を絞り込む上で非常に効果的です。ですが、 VehiclePartSearch リクエストのその他のパラメータを使って結果を絞り込むこともできます。

  • TrimId—パワーステアリングやパワーシートなど、自動車オプションのパッケージ

  • VehicleOptions—個別の自動車オプション。一部は組み合わされて装備パッケージになっています。

    VehicleOptions には以下のものが含まれます: BedId, BodyStyleId, BrakesId, DriveTypeId, EngineId, MfrBodyCodeId, SpringTypesId, SteeringId, TransmissionId, および WheelbaseId

  • BrowseNodeId —ブラウズノードは、キャブレータなど、商品の分類です。

    デフォルトでは、Automobile のブラウズノードが使われます。

  • Brand—オプションのメーカーです。

    ブランドには ID がありません。

PartBrowseNodeBinsSummary レスポンスグループを使用すると、 VehiclePartSearch は、その自動車の部品を含むブラウズノードのリストを返します。興味のあるブラウズノードを指定してリクエストを繰り返し呼び出すことで、BrowseNode に含まれている全ての部品を取得できます。また、装備パッケージとオプションを指定して、返される部品をさらに絞り込むこともできます。

また、PartBrandBinsSummaryレスポンスグループを BrowseNode IDとともに使用すると、部品を製造している全てのブランド(メーカー)と、指定した BrowseNode 内の自動車部品の数を返すことができます。

最終的に必要なフィルタリングレベルに達したら、VehiclePartsレスポンスグループを VehiclePartSearch リクエスト内で使用して、その年式、メーカー、モデル、BrowseNode (またはブランド) の全ての部品 (ASIN) を返すことができます。各自動車部品の詳細を取得するには、 ItemLookup リクエストでその自動車部品のASINを指定します。 ItemLookup では、最大10個のASINをカンマで区切ってItemIdsに指定できます(次の例を参照)。

http://ecs.amazonaws.com/onca/xml?Service=AWSECommerceService&
Version=2008-08-18&Operation=ItemLookup&SubscriptionId=ID
&ItemId=B000BV9LGM,B000C0TAKO,B000C0WJUW,B000C2WLMG,B000C7A0S8,
B000CAXN7K,B000C0TAH2&ResponseGroup=Small

部品のページ表示

1つの自動車で使用できる部品の数は、デフォルトで返される10個よりもはるかに多い場合があります。そのため、 VehiclePartSearch のパラメータ、 Count, FromItemId, および PartPageDirectionは、VehiclePartsレスポンスグループ(のみ)とともに使用できるようになっています。

自動車部品をページ表示するには

  1. VehiclePartSearch リクエストで、VehicleParts レスポンスグループを使用します。

  2. FromItemIdの値に、開始する商品の ASIN を設定します。

  3. PartPageDirectionの値に "Next"(デフォルト)または "Previous" を指定し、次の10個または前の10個の情報を取得するように指定します。

  4. Countの値に、1~15の整数を指定します。デフォルトは10です。これにより、1つのレスポンスで返される結果の数が指定されます。

  5. リクエストの送信

部品が使用できる自動車

VehiclePartLookup は、指定した部品が使用できる自動車のリストを返します。自動車部品は、該当する ASIN で指定します。このオペレーションを利用して、年式、メーカー、モデルで指定した自動車で、指定した部品が使用できるかどうかを判断できます。指定した車で部品が使用できるかどうかを判断するには、オペレーションに装備オプションなどの追加情報が必要となる場合があります。XMLレスポンスは、追加情報が必要かどうかを示します。

フィットメント (Fitment) とは、指定した自動車部品を使用できる自動車のことです。つまり、指定した自動車部品がその自動車で使用できる(フィットする)ことを意味します。

フィットメントのページ表示

フィットメントをページ表示するには、 VehiclePartLookup リクエストで、Fitments レスポンスグループを使用します。

フィットメントのページ表示方法

  1. VehiclePartLookup リクエストで、Fitments レスポンスグループを使用します。

  2. FitmentCountの値に、ページあたりに返すフィットメントの数を設定します。デフォルトは25で、有効値は1~200です。

  3. FitmentPageの値に、開始するページ番号を設定します。

    デフォルトは1です。ページの長さは、FitmentCountの値に基づいて決定されます。例えば、FitmentCountに50を設定した場合、FitmentPageが2であれば、フィットメント51から表示されます。

  4. リクエストの送信