ブラウズノード階層の移動

これまで説明したように、階層を下に移動すると検索が絞り込まれます。また、階層を上に移動すれば、商品のルートカテゴリなどを検索することもできます。例えば、カービングナイフなどの商品が関連付けられているノードがあり、階層を上に移動してナイフのルートカテゴリを検索し、別のリクエストで TopSellers レスポンスグループを使用して、その商品カテゴリのベストセラーを返すことができます。カスタマーは、これらのベストセラーに興味を持つ可能性があります。

BrowseNodeLookup オペレーションは、ブラウズノード階層を移動するための最も直接的な方法です。このオペレーションでブラウズノードIDを指定すると、ブラウズノードの名前と、直接の子ノードと親ノードを返します。次のリクエストに対するレスポンスをご参照ください。

http://ecs.amazonaws.com/onca/xml?
Service=AWSECommerceService&
AWSAccessKeyId=[Access Key ID&
Operation=BrowseNodeLookup&
BrowseNodeId=11232&
ResponseGroup=BrowseNodeInfo

レスポンスの一部を次に示します。

<Item>
<ASIN>0131856340</ASIN>
<BrowseNodes>
  <BrowseNode>
  <BrowseNodeId>11232</BrowseNodeId>
  <Name> Social Sciences</Name>
  <Ancestors>
    <BrowseNode>
      <BrowseNodeId>53</BrowseNodeId>
      <Name>Nonfiction</Name>
      <Ancestors>
        <BrowseNode>
          <BrowseNodeId>1000</BrowseNodeId>
          <Name>Subjects</Name>
          <Ancestors>
            <BrowseNode>
              <BrowseNodeId>283155</BrowseNodeId>
              <Name>Books</Name>
            </BrowseNode>
          </Ancestors>
        </BrowseNode>
      </Ancestors>
    </BrowseNode>
  </Ancestors>
  <Children>
    <BrowseNode>
      <BrowseNodeId>11233</BrowseNodeId> 
      <Name>Anthropology</Name> 
    </BrowseNode>
    <BrowseNode>
      <BrowseNodeId>11242</BrowseNodeId> 
      <Name>Archaeology</Name> 
    </BrowseNode>
    <BrowseNode>
      <BrowseNodeId>3048861</BrowseNodeId> 
      <Name>Children's Studies</Name> 
    </BrowseNode>
  </Children>
</BrowseNodes>

ツリーを下に移動するには、該当するブラウズノードIDを選択し、適切なブラウズノードに移動するまで BrowseNodeLookup オペレーションを繰り返します。

ツリーを上に移動する場合も同様です。BrowseNodeLookup オペレーションは、デフォルトでブラウズノードの全ての上位パスを返しますが、各ノードの親ブラウズノードを1つしか返さないという制限があります。つまり、ノードに複数の親がある場合、レスポンスには1つの親ノードしか含まれません。どのノードが返されるかは決まっていません。そのため、ブラウズノード階層を上に移動する際には、一度に1階層ずつ移動することをおすすめします。

関連するトピック